性行為時の注意とは

MENU

性行為時の注意とは

性病が気になる人は、それだけ何か心当たりがあるという事です。症状が出てから調べるのでは遅い場合や、取り返しがつかない場合もあるので、早めに性病検査はしておくべきです。性行為の時にコンドームを使っていない人は、クラミジアやHIVに感染する事もあります。

 

性行為の全てに性病感染の可能性アリ

自分が菌を持っていた場合には、相手にも感染させてしまう事があるので、自分だけがいいというわけではないのです。相手の身体も考慮して、性病検査キットなどで、個人的に性病チェックをするというのもいいでしょう。一度しておくだけでも自分の安心につながりますし、次から本当にコンドームを使おうと反省する事も大事です。本来、ゴムを使わずに直接性行為をする場合は、どちらともウイルスチェックをきちんとした上でやるのが正当です。相手が菌を持っているかどうか分からない状態で直接性交をしてしまっては、感染するリスクが高まるのは当然の事だとも言えるでしょう。ある程度大人になったら、ゴムをしなければいけないかどうか、充分判断できるはずですし、しなかった場合のリスクも頭に入っているはずです。大人になってからの性行為は、知らなかったでは済まされませんし、自己責任となります。後悔しないためにも、性行為の時はコンドームを使って、自分の身体を保護しながら行為をするか、あるいは本当に菌がないと確信を持った状態でするのがいいのです。

 

クラミジアに関しては、フェラチオだけでも感染すると言われています。

 

 

関連ページ

性病検査キットとは何か
性病検査キットとは一体何なのか?それを知らない事には検査を受けようとも思わないですよね。でも知れば知るほど便利であることが分かります。
性病検査キットの基本を知る
性病検査キットの最大の利点は”自宅で検査が出来る”こと。社会人として仕事をしている人にとっては病院に行ける曜日・時間が限られます。早く行きたいけど中々行けない…なんてことないですか?
性病に関する知識
性病のことを詳しく知っている人が周りにいますか?性病は人に相談しにくいこともあり、正しい知識を持っている人が少ないのです。その為、誤った知識で症状を悪化させてしまう場合も!正しい知識を身につけましょう。
性病検査キットがあれば安心
性病では明らかな症状が出ない場合もあり、中々病院への診察に踏み切れない人もいます。その間にも症状は悪化しているかも…!?病院に行くほどではないと感じたら、キットで確認してみてはいかがですか?
クラミジア感染者は多い
性病の中でも最も感染者が多いのがクラミジアです。細菌では耐性をもったクラミジアの出現で治療薬が効かない場合もあるようです。まずは感染しないことを心がけましょう。